トップページ プロフィール 公演依頼 指導依頼 和太鼓教室 教本・DVD販売 お問合せ

トップ > プロフィール > メンバー紹介

和太鼓 飛翔 メンバー紹介

活動歴 河乃裕季 楽曲解説&演目一覧

和太鼓 飛翔 メンバー紹介

【野呂尚史】(のろ なおぶみ)

18歳でドラムを始め、19歳でプロデビュー。

現在はジャズ・ソウル・ロック・カントリー・ゴスペル・ブルース・ポップス・演歌・シャンソン・アフリカン等、あらゆるジャンルをハイレベルにこなすドラマーとして活躍。特に、柔軟な発想による対応力と音色の美しさは評価を得ている。

アフリカンバンドや様々なミュージシャンのアルバムにも参加、テレビ出演も多数。2000年〜2003年には学校法人「尚美学園」のドラム講師も経験。パーカッション、和太鼓奏者として、また作曲家としても活動している。

近年は特にライオンキングなどのミュージカルに活動の場を広げ、音楽座ミュージカルの公演には定期的に出演、三谷公幸さん脚本、戸田恵子主演の公演ではドラム・パーカッションの他に役者にも挑んでいる。

1993年、和太鼓 飛翔に参加、メンバーとなる。 バンマスとしてチームになくてはならない存在。

【三浦真由】 (みうら まさよし)

福山大学(広島)に在学中、4年間和太鼓サークル「三蔵太鼓を打つ会」に所属。卒業後、東京へ帰京。

1996年、野呂尚史の紹介で飛翔和太鼓教室に入門、後に 飛翔のメンバーとなる。

大学卒業後もOBとして文化祭に参加。各地で活躍する太鼓部OBの中ではなくてはならない存在。(場を盛り上げる人気者です。)

多数の演歌歌手のコンサートでの大太鼓ソロ演奏やディズニーランドなどではラテンパーカッションなどの楽器演奏でも出演。

【大塚千草】 (おおつか ちぐさ)

6歳の時にお囃子を習う。20歳を過ぎた頃よりアフリカン・パーカッションやダンスを始め、1996年、野呂尚史の紹介で飛翔太鼓教室に入門。後に飛翔のメンバーとなる。太鼓奏者としてだけではなく、飛翔の衣装デザインや舞台美術なども担当するなど、多彩な才能を持っている。

飛翔メンバーとの演奏活動の他に、河乃裕季と2名での演奏活動では、河乃裕季とは違った独自のスタイルを見せてくれる。

アフリカンの方ではここ数年、毎年アフリカに渡り、現地でワークショップ・公演を行うなどアフリカンでの活躍も好評を得ている。

アフリカン・パーカッションをンジャセ・ニャン氏、お囃子を丸謙次郎氏、和太鼓を河乃裕季、小野里元栄(藤舎清成)氏に師事。

【佐川堯子】 (さがわ たかこ)

地域のサークルとして和太鼓 翔太鼓を発足。
1990年に巴太鼓を発足。
チームの技術向上の為に飛翔和太鼓教室にて修行。
和太鼓 翔と巴太鼓を合併し和太鼓 翔巴(しょうは)を結成。後に飛翔メンバーとしても活動する。

フラメンコを踊った経験から、軽やかな身のこなしと、飛翔では唯一の篠笛奏者として活躍している。

和太鼓 翔巴

【小林太郎】(こばやし たろう)

名古屋出身。11才より名古屋にて和太鼓を始める。

東京の大学に入学と同時に日本太鼓道場にて修業。小野里元栄(藤舎清成)氏に師事。
小野里元栄氏の紹介で1996年、飛翔のメンバーとして参加。

1998年大学卒業後、本格的に様々な分野でプロとして活動を始める。飛翔オリジナル曲の作曲なども担当。

日本太鼓道場師範。宮地楽器和太鼓科主任講師。浅草たいこばん代表。さまざまなジャンルとのコラボ活動や、タレント振付、作曲提供など、活動の幅は広い。近年では、完全ソロのフルコンサートを行い、ソリストとして世界を視野に活動中。また和太鼓チームの指導や設立サポートをしており関東15チームの顧問も務めている。

小林太郎ホームページ

【藍浩宇】(らん ひろたか)・研修生

6歳の時に地元(東京都板橋区)の太鼓チームにて盆太鼓を始める。
所属チームのメンバーが新規に結成した和太鼓 武蔵に移籍し、組太鼓を始める。
和太鼓 武蔵の指導を河乃裕季が行っている事から2013年3月、和太鼓教室に入門、2014年6月より飛翔の研修生となる。

小学校6年の時に子供歌舞伎に魅了され日本舞踊を習い始め、現在は長唄の三味線も学んでいる。
日本舞踊だけでなくカポエィラ(ブラジルの格闘技)を習った経験から、しなやかな身のこなしを見せてくれる。左利きという利点から左右の打ち方を巧みにこなす。